【人気記事】介護福祉士との違いは?

介護保険法を知ろう

介護保険適用外のサービスについて

適用外のサービスもある

  • 保険外サービスとはその名の通り、介護保険内ではできないサービスのことです。保険の適用外となるので費用は多くかかりますが、介護保険サービスでは手の届かないところまでやってくれるので、利用者にとっては充実した生活援助を受けながら日々の生活を送ることができるというメリットがあります。具体的には、利用者のご家族の食事の調理など利用者本人以外が対象のサービス、趣味のための外出移動介助など個人の嗜好に寄ったサービスなどが提供可能です。

  • 現行の制度では保険内のサービスと保険外のサービスを同時に受けたい場合、明確にサービスの区分をするために、一度ヘルパーが事業所に戻って再び利用者の自宅に訪問しなければならないといった、非効率的な動きをしなければなりません。そういった利用者・事業者ともに不便を感じている部分を排除するために注目されているのが、混合介護です。保険内外のサービスを同時・一体的に提供することができるため、多くのメリットが生まれることになります。

  • 保険外サービスは提供元がいくつか存在し、それによって内容や費用などが異なります。そこで、提供元ごとに行っているサービスの特徴について把握しておきましょう。市区町村が実施している高齢者在宅サービスや総合事業は、全国の各市区町村が独自に行っているということもあり利用条件や費用が異なります。介護サービス事業者による保険外サービスは介護認定を受けていない人でも利用できるという特徴があります。そのほか、社会福祉協議会、シルバー人材センター、民間企業が行っている保険外サービスについても紹介しています。

人気の記事はこちら!

介護保険制度とは?

現在の介護保険制度の成り立ちについて詳しく紹介しています。以前よりも高齢者の数は増え、それに伴い個人で行う介護には限界がきました。そこで、社会全体として高齢者を支える仕組みとしてできたものが介護保険制度になります。

続きを見る