【人気記事】介護福祉士との違いは?

介護保険法を知ろう

これからヘルパーを目指す方に役立つ記事

ヘルパーを目指す方へ

  • ヘルパーとは、利用者の自宅に訪問して介護サービスを提供する介護職員のことを指します。提供する介護サービスは利用者ごとに異なりますが、入浴や排せつなどの身体介助業務、掃除など身の回りのお世話をする生活援助などが主な仕事となります。利用者の自立支援を目的としているため、利用者が動かなくてもいいようになんでも手伝うというわけではありません。むしろ必要最低限の支援に留め、あくまで自立を促すようなサポートが求められます。

  • 以前までは、ヘルパーの仕事するためにはホームヘルパー2級以上の資格が必要とされていましたが、この資格は2013年に廃止され、その代わりに現在は介護職員初任者研修がホームヘルパー2級相当の資格として設けられています。この資格は介護職の入門資格とされており、比較的容易に取得することができます。最終的には国家資格である介護福祉士の取得を目指すことができるため、ぜひチャレンジしてみましょう。また、この仕事の魅力ややりがいについても紹介していきます。

  • 現在、介護保険内外のサービスを同時・一体的に提供することのできる混合介護に注目が集まっています。現行の制度では介護保険内外のサービスを同時に提供するには明確な区分が必要になり、利用者・事業者どちらにとっても不便の多い非効率的な内容となっています。そこで混合介護の弾力化を行い効率的にサービスを提供することにより、様々なメリットが生まれることとなります。これからヘルパーとして働きたいと思っている人は、混合介護についても知っておいたほうが良いでしょう。

人気の記事はこちら!

介護保険制度とは?

現在の介護保険制度の成り立ちについて詳しく紹介しています。以前よりも高齢者の数は増え、それに伴い個人で行う介護には限界がきました。そこで、社会全体として高齢者を支える仕組みとしてできたものが介護保険制度になります。

続きを見る