【人気記事】サービスは大きく3つ

介護保険法を知ろう

基本的な介護保険法の知識

介護保険法とその制度

  • まずは、介護保険制度の基本的な概要と制度の成り立ちについてみていきましょう。介護を必要とする高齢者、そしてそのご家族を社会全体として支えていくための制度が介護保険制度となり、被保険者は65歳以上になるとサービスを利用することができます。以前までは利用者側で介護サービスを選択することができず、それゆえ高齢者を取り巻く介護環境に多くの負担がかかっていました。そういった状況を改善するために、利用者本位でサービスを選択することのできる現在の介護保険法が制定されるようになりました。

  • 介護保険サービスを受けるための介護保険料は40歳から支払うことになります。被保険者は年齢によって区分されており、その区分によって保険料の計算が異なってきます。ここでは現役世代である40歳~65歳未満の第2号被保険者について、支払う保険料の金額を詳しく紹介していきます。支払う保険料は加入している健康保険組合によっても変動してきますので、自身に当てはめて計算してみましょう。また、介護保険料だけではなく税金でも介護保険サービスの費用がまかなわれている点についても知っておきましょう。

  • いずれ自分が介護保険サービスを受けることになった場合、あるいは家族が受けることになった場合に役立つ、要介護認定の申請から認定を受けるまでの流れを紹介します。申請をする際に必要となるものや、申請を代行する場合の窓口などを確認しておきましょう。申請後の認定調査はいくつかの段階によって行われるので、きちんと利用者の状態を伝えることができるように準備しておく必要があります。認定結果には有効期限がありますので、この点もしっかりチェックしておきましょう。

  • 介護保険で利用できるサービスにはどのようなものがあるのかについて紹介していきます。サービスは「施設サービス」「居宅サービス」「地域密着型サービス」の3つに分けることができます。施設サービスは介護老人保健施設、特別養護老人ホーム、介護療養型医療施設が該当の介護施設となっており、それぞれで役割が異なります。居宅サービスは基本的に利用者が自宅にいながら利用できるサービスのことを指します。地域密着型サービスは地域包括ケアを意識した他の2つよりも新しいサービスとなります。

人気の記事はこちら!

介護保険制度とは?

現在の介護保険制度の成り立ちについて詳しく紹介しています。以前よりも高齢者の数は増え、それに伴い個人で行う介護には限界がきました。そこで、社会全体として高齢者を支える仕組みとしてできたものが介護保険制度になります。

続きを見る