【人気記事】サービス提供元も様々、内容と費用

介護保険法を知ろう

ヘルパーになるために必要な資格

必要な資格は?魅力とやりがいもご紹介

ヘルパーとして働くためには資格が必要となりますが、介護資格にはいくつか種類があります。3ヵ月ほどで取得できる比較的容易な資格もありますのでチェックしてみてください。また、魅力ややりがいについても併せて紹介していきます。

必要な資格は?魅力とやりがいもご紹介

ヘルパーとして役立つ資格

まず介護の入門資格として設けられているのが介護職員初任者研修です。2013年に廃止されたホームヘルパー2級に相当する資格で、130時間の基礎知識、実務、倫理を学んで修了試験に合格することで取得ができます。無資格からヘルパーを目指すのであれば、まずはこの資格を取得しましょう。
次が実務者研修です。介護職員初任者研修よりも幅広い知識とスキルが求められる資格となり、基本的な介護スキルに加えて医療的なケアに関するスキルも必要となります。かつてのホームヘルパー1級に相当する資格となります。無資格の状態から取得を目指す場合の受講時間は450時間ですが、介護職員初任者研修を取得していればその分の受講時間は免除されます。この資格を持っていると、医療行為に分類されるたん吸引を現場で行うことができます。
最後が、国家資格である介護福祉士です。介護分野の資格の中でも唯一の国家資格となり、利用者へ直接介護を行う職員が持てる最上位の資格となります。介護職員初任者研修から取得して、いずれは介護福祉士の取得を目標に働いているヘルパーも多いです。

魅力ややりがい

まず、マンツーマンの濃い関係で介護を提供できることがやりがいとなります。利用者の自宅に訪問して介護を行うことになるので必然的に個別ケアとなりますが、そのなかで利用者ごとに適した介護を提供していけるという魅力があります。直接感謝の言葉をもらう機会も多く、やりがいを感じる瞬間も多いでしょう。1対多数ではなく、マンツーマンだからこそ感じることができる点です。また、介護施設だと他の介護職員と一緒に働くことになりますが、訪問介護の場合は基本的に1人で行うことになります。そのため、煩わしい職場の人間関係が発生しません。実際、職場の人間関係が嫌で介護施設の職員からヘルパーに転職したという人も多いです。
次に、働き方が多様で自分の都合に合わせて働くことができるという魅力もあります。正社員だけではなくパートや登録ヘルパーという働き方が可能なため、プライベートを重視したい人にとっては働きやすい環境であると言えるでしょう。子供のいる人、自分の家族の介護もしている人、ダブルワークをしている人など、様々な事情から働く時間に制限のある人でも活躍することができる仕事です。

人気の記事はこちら!

介護保険制度とは?

現在の介護保険制度の成り立ちについて詳しく紹介しています。以前よりも高齢者の数は増え、それに伴い個人で行う介護には限界がきました。そこで、社会全体として高齢者を支える仕組みとしてできたものが介護保険制度になります。

続きを見る