【人気記事】必要な資格は?魅力とやりがいもご紹介

介護保険法を知ろう

ヘルパーサービスについて詳しく知る

介護保険で使えるヘルパーサービス

  • 介護保険上では訪問介護職員と呼ばれるヘルパーの仕事について紹介しています。利用者の自宅に訪問して介護サービスを提供していくことになりますが、入浴や食事などの介助業務、掃除や洗濯など身の回りのお世話をする生活援助、そして移動の介助が主な仕事となります。その仕事内容から家事代行の仕事と同じような印象を受けてしまいますが、役割は大きく異なります。あくまでヘルパーは利用者の自立支援を目的としてサービスを提供していく立場であることを忘れてはいけません。

  • 介護職には様々な資格がありますが、そのなかでも有名なのが国家資格である介護福祉士です。ではこの介護福祉士と通常のヘルパーとはどういった点に違いがあるのでしょうか。まず、ヘルパーはあくまで訪問介護に従事する専門職となります。介護福祉士は訪問介護に限らず介護分野全般が範囲になるので役割が異なってきます。ただし、名称独占の国家資格のため仕事内容に大きな違いはありません。待遇面ではやはり介護福祉士のほうが有利な面が多いでしょう。

  • ヘルパーとして働くにあたって必要な資格や、この仕事の魅力を紹介します。まず、最低でも介護職員初任者研修が必要です。ホームヘルパー2級に相当する資格で、介護職の入門資格とも言えるものです。130時間の講習や実務研修を受けた後に修了試験に合格することで取得できます。その上位資格となるのが実務者研修で、さらに上が国家資格である介護福祉士になります。ヘルパーの仕事は利用者と1対1で接することになるため、丁寧なケアを提供できるという魅力があります。

  • 多くのヘルパーに人気の、登録ヘルパーという働き方について紹介していきます。直接雇用の場合は固定の給与で働くことができて福利厚生も充実しているなどといったメリットがある一方、時間の融通が利かないというデメリットもあります。そこで、プライベートを重視した働き方をしたい人におすすめなのが登録ヘルパーです。あらかじめ自分が働ける日時を登録しておき、都合の良い時にヘルパーの仕事をすることができます。利用者の自宅以外に、住宅型有料老人ホームで働くこともあります。

人気の記事はこちら!

介護保険制度とは?

現在の介護保険制度の成り立ちについて詳しく紹介しています。以前よりも高齢者の数は増え、それに伴い個人で行う介護には限界がきました。そこで、社会全体として高齢者を支える仕組みとしてできたものが介護保険制度になります。

続きを見る